薄毛改善率80%!生え際の薄毛を治すことができた頭皮ケアを教えます【写真有り】

薄毛の原因である生活習慣の改善が薄毛を治す基盤となる

 

薄毛が進行する原因として AGA と 生活習慣の悪化 を挙げましたが、生活習慣の悪化とはどのようなものがあるのかを詳しくお話していきたいと思います。

 

生活習慣として挙げれるのは何があるでしょうか。

 

大きくまとめるのであれば 食べる 寝る 遊ぶ この3つに分類されると考えて良いでしょう。

 

生活習慣が悪化すると本当に少しずつ頭皮の状態が悪化して、知らず知らずに髪の毛が薄くなっている状態に陥ります。

 

ですが生活習慣を改善することで頭皮へのダメージが止まる、もしくは緩和されますから薄毛を治しやすい状態へと変えることができるのです。

 

ではこの 食べる 寝る 遊ぶ について少し詳しくお話していきましょう。

 

薄毛改善のための食生活を考える

 

まず 食べる という生活習慣のカテゴリーから考えます。

 

生きていくうえで食べると言うことは大変大切なことですが、ただ食べているだけでは健康な生活を送ることはできません。

 

バランスのとれた食生活をするのがベストなのです、しかし忙しい毎日に栄養面まできちんと考えられませんよね。

 

でもちゃんと栄養を確保しておかないと頭皮や髪の毛にも影響は及びます。

 

薄毛にならないための栄養素・または薄毛を改善する栄養素をきちんと知ることで薄毛は回避できます、まずはその栄養素を知っておきましょう。

 

たんぱく質…髪の毛を生成するための原料となる栄養素。

 

ミネラル…そのたんぱく質を髪の毛にするために必要な栄養素。

 

ビタミンB…皮脂の過剰な分泌を抑える作用や、細胞の新陳代謝を促進させる作用、取り込んだタンパク質の吸収を促して髪を生成するケラチンの合成を促進する作用など、毛髪の健康をサポート してくれる栄養素。

 

亜鉛…ケラチンを合成する作用や髪の毛を強く抜けないものにするために必要な栄養素。

 

これらをきちんと摂取しておくことで栄養面から薄毛を改善することが可能となります。

 

もしこれらの栄養素を摂取できないようなら育毛サプリメントを食事の後に飲むと良いですね。

 

育毛サプリメントはこれら栄養素だけでなく、育毛に効果的であるとされる栄養素や抜け毛を防止する栄養素が十分に配合されているので、薄毛ケアをするには必須のアイテムと言われています。

 

 

まとめ

 

薄毛を改善するには たんぱく質・ミネラル・ビタミンB・亜鉛 をバランスよく摂る。

 

食事面に不安があるのであれば育毛サプリメントを使用して効率よく薄毛を治す。

 

生活改善のための睡眠を考える

 

次に 睡眠 のカテゴリーから薄毛を考えていきます。

 

睡眠は人間にとって生活にはかなり重要な意味が出てきます。

 

みなさんも経験があると思いますが、徹夜をすると集中力が続かなくなったり肌がボロボロになったりと体に不調がでてきますよね。

 

ここで知ってもらいたいのが徹夜をすると肌がボロボロになること。

 

実は頭皮も肌の一部であると言うことを知っておくと分かりやすいでしょう。

 

徹夜をすると頭皮もボロボロになる、つまりは頭皮環境が悪化するのです。

 

毎日の睡眠時間が少ないと頭皮も睡眠時間に合わせて悪化していくのです。

 

 

そしてなぜ睡眠時間が少ないと頭皮や肌がボロボロになるのかを説明していこうと思います。

 

実は人間は眠っている間に体の各部からホルモンが大量に分泌され、ダメージを負った部分を修復しているのですよ。

 

特にホルモンの分泌が活発であるとされているのが夜の 22〜2時 でこの時間は絶対に寝ておくことが推奨されています。

 

この時間は俗に シンデレラタイム とか ゴールデンタイム と言われていて、肌や頭皮の修復が一番活発におこなわれているのです。

 

ですからこの時間に眠ることができなかった場合、つまり徹夜だとか不規則な就寝が続くと薄毛になりやすくなると言うわけなんですよ。

 

睡眠は体の調子を整えるために必要なことなのでなるべく決まった時間、特に夜の22時には床についておくと薄毛の改善や予防につながりますよ。

 

 

まとめ

 

夜の22時〜2時は頭皮修復のゴールデンタイム。

 

睡眠をきちんととらないと薄毛が進行するので定時には床につきましょう。

 

生活改善のための遊びを考える

 

最後に 遊び のカテゴリーについて説明していきます。

 

遊びと言ってもみなさんが思っているような遊びのカテゴリーとは少し違います。

 

今回注目してもらいたい遊びのカテゴリーは 喫煙 飲酒 ストレス の3つなのです。

 

 

まず喫煙ですが、タバコを吸うと体内にニコチンが供給されます。

 

ニコチンは体内の血管を収縮する働きがあるため、頭皮の血管も必然的に収縮されてしまいます。

 

頭皮の血管が収縮すると毛根への血液供給が少なくなるために抜け毛や髪の毛の弱体化につながると言うわけです。

 

健康にも良くはないのでできれば禁煙・節煙を心がけると良いかもしれません。

 

 

次に飲酒ですが、お酒を呑むと体内でアルコールを分解する時に多量のビタミンを消費してしまいます。

 

ビタミンが大量消費されることで髪の毛の生成に必要な栄養素が足りなくなれば必然的に薄毛になりますよね。

 

肝臓にも負担がかかるため過度の飲酒は健康にも良いとは言えません。

 

ただ多少のアルコールは血管拡張作用があるため体には良いとされています、酒は百薬の長と言われるのはそのためです。

 

 

最後にストレスですが、これは薄毛にかなり影響を及ぼします。

 

ストレスが溜まることで血管が収縮するので頭皮への影響ももちろんあります。

 

しかしそれだけならまだましです。

 

肉体的にも精神的にもバランスが崩れてしまうため薄毛だけでなく精神や命にまで悪影響をおよぼしますので気をつけておきたいですね。

 

薄毛で言うと、円形脱毛症が有名です。

 

 

まとめ

 

飲酒・喫煙・過度のストレスは薄毛の引き金になりますからきちんと管理しておきましょう。

 

ちなみに私は飲酒も喫煙もしますが薄毛は治りました、要は控えめにということです。

 

これが私が薄毛を治した薄毛ケア


無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き
医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ。あなたの髪が30日で!?発毛促進で「生える」を徹底的にサポート!

ノコギリヤシ・イソフラボンをはじめ、適材適所の働きでフサフサをサポートする毎日3粒の簡単ヘアケア。何をやっても効果が無かった方のために、こだわったのは髪に最良の成分バランス。
20種類以上の配合成分で体内から改善を図ります。年齢・性別問わず得られる満足感。安心・安全の健康補助食品。薄毛・抜け毛でお悩みの方を喜びに導く育毛サプリメント。

プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
AGAの場合はプロペシアと育毛剤や育毛サプリメントを併用しましょう。