薄毛改善率80%!生え際の薄毛を治すことができた頭皮ケアを教えます【写真有り】

薄毛になりやすい人と薄毛になりにくい人の特徴

 

人間生きていれば歳をとるごとに髪の毛が薄くなっていくものではあります。

 

しかしよく考えると同じ男性であっても、歳をとっても髪の毛がフサフサの人もいればハゲてツルツルになっている人もいますよね。

 

またまだ10代の若者であっても薄毛に悩んでいる人も最近は増えています。

 

なぜ人によって髪の毛が薄くなる人といつまで経っても髪の毛がフサフサしている人がいるのでしょうか。

 

原因としては今までにお話したとおり AGA+頭皮の状態悪化 ということは変わりありません。
(病気による薄毛などは除外しております)

 

では同年齢の男性がまったく同じ環境で同じ生活をすれば、同じ頭皮の状態になるのではないかと思いませんか?

 

 

実はそうでもありません、違ってくるんです。

 

環境が全く同じでも生活が全く同じでも薄毛になる人と薄毛にならない人が出てくるんですよ。

 

では一体なぜ人によって薄毛に差が出てくるのかをお話していきましょう。

 

 

まず遺伝子の差から薄毛になるかならないかが変わってきます。

 

男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換されやすいかどうかです。

 

遺伝子は持って生まれたものですから、人によって薄毛に影響しやすい人と影響しにくい人がいると言うわけですね。

 

次にお酒に対する耐性から薄毛になるかならないかが変わってきます。

 

体内にアルコールが入ると肝臓で分解されるわけですが、その時に大量のビタミンが消費されます。

 

髪の毛の生成に必要な栄養が無ければ必然的に髪の毛は弱くなります。

 

同じくらいお酒を飲んでも人によってはアルコールの代謝機能は違うのです。

 

次に皮脂腺から脂が出やすいかどうかからも薄毛に影響します。

 

洗顔料を見ても乾燥肌用・普通肌用・オイリー肌用と分かれているのを見たことがあると思います。

 

人によって肌も生まれつき脂が出やすい人と出にくい人がいるわけですね。

 

脂が出やすい人は抜け毛が多い傾向にありますので気をつけておきましょう。

 

次に髪の毛が生まれつき太いか細いかでも違ってきます。

 

薄毛が進行すると髪の毛は抜けやすくなり細くなっていくとお話しましたね。

 

では最初から髪の毛が細い猫毛の人が薄毛になってしまったらどうなるでしょうか?

 

髪の毛が太い人よりも圧倒的に髪の毛が薄くなり目立つようになるわけです。

 

最後に性格の差で薄毛になりやすいかなりにくいかが変わってきます。

 

その1 几帳面な性格で神経質である
その2 何事も引っ込み思案で内気である
その3 頑固で怒りっぽいところがある
その4 些細なことで心配したり不安になる
その5 まわりに敏感で空気を読み過ぎる
その6 自我が強くてプライドが高い
その7 すぐにマイナス思考になり落ち込みやすい
その8 深く考え込んでしまいイライラする癖がある

 

このような性格の人ほどストレスが溜まりやすく薄毛になりやすいのです。

 

以上のことから、同じ環境で同じような生活をしていても、人によっては薄毛になる人と薄毛にならない人が出てくると言うわけです。

 

遺伝的なものだからと諦めたり自分の人生を悲観する必要はありません。

 

薄毛はもう自分で治せる時代になっていますから、きちんと効果のある薄毛ケアをしていけば私のように薄毛は治せます。

 

ですから諦めずに早期に薄毛ケアを始めましょう。

 

 

まとめ

 

同じ環境で同じ生活をしても薄毛になる人とならない人が存在する。

 

その原因は遺伝によって受け継がれたもの。

 

しかし今では薄毛ケアをすることで予防も改善もできるようになった。

 

これが私が薄毛を治した薄毛ケア


無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き
医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ。あなたの髪が30日で!?発毛促進で「生える」を徹底的にサポート!

ノコギリヤシ・イソフラボンをはじめ、適材適所の働きでフサフサをサポートする毎日3粒の簡単ヘアケア。何をやっても効果が無かった方のために、こだわったのは髪に最良の成分バランス。
20種類以上の配合成分で体内から改善を図ります。年齢・性別問わず得られる満足感。安心・安全の健康補助食品。薄毛・抜け毛でお悩みの方を喜びに導く育毛サプリメント。

プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
AGAの場合はプロペシアと育毛剤や育毛サプリメントを併用しましょう。