薄毛改善率80%!生え際の薄毛を治すことができた頭皮ケアを教えます【写真有り】

カラーリングやパーマをしても薄毛になることは少ない

 

よく薄毛の原因としてカラーリングやパーマが挙げられているようですが、カラーリングやパーマをしてもよほどのことが無い限りは薄毛の原因にはなりません。

 

そんな話が通用するのはかなり昔の時代でのことです。

 

昔のカラーリング薬液やパーマ薬液は粗悪もしくは強力だったので使い続けることで薄毛になった人も多いようです。

 

現在の薬液では体に対する影響を考えられて頭皮の状態が悪化するほどの力は無いです。

 

昔は美容師さんが取り扱わなければならなかったのに、今では自分で簡単にカラーリングができるくらいに安全なものとなりましたからね。

 

でもカラーリングしたら髪の毛が痛んだよ!と言う方もいるでしょう。

 

それは当たり前の話で、自己修復機能のない髪の毛は痛んでしまうと自分では修復できないからです。

 

そもそも髪の毛とは神経も血管も通っていない死んだ細胞なのですから。

 

しかし頭皮は数日もすれば完全に元の状態に戻ります。

 

「薄毛を治すための基盤!生活習慣を改善させる事の大切さ」 でもお話したとおり、頭皮は寝ている間に修復ホルモンによって回復していくためですね。

 

きちんと健康的な生活をしていればカラーリングをしてもパーマを当てても頭皮は薄毛が進行するほどのダメージは負いません。

 

もしそれで悪影響が起きるのであれば世の中のほとんどの人は薄毛になるということになりますので。

 

 

ですがもちろん頭皮にとって良い影響があるわけではありません。

 

使用しているのが薬液である以上、頭皮はある程度のダメージを負っていることになります。

 

つまり現在薄毛が進行しているという人はカラーリングやパーマはしないほうが良いですね。

 

ただでさえ頭皮が弱っているのですからさらにダメージを与えると薄毛がより進行しかねません。

 

薄毛が治るまでカラーリングやパーマは控えておいて、薄毛が治ってからオシャレを楽しむようにしましょう。

 

 

まとめ

 

カラーリングやパーマは薄毛の原因にはならない。

 

しかし薄毛が進行している状態なのであれば控えるべき。

 

これが私が薄毛を治した薄毛ケア


無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き
医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ。あなたの髪が30日で!?発毛促進で「生える」を徹底的にサポート!

ノコギリヤシ・イソフラボンをはじめ、適材適所の働きでフサフサをサポートする毎日3粒の簡単ヘアケア。何をやっても効果が無かった方のために、こだわったのは髪に最良の成分バランス。
20種類以上の配合成分で体内から改善を図ります。年齢・性別問わず得られる満足感。安心・安全の健康補助食品。薄毛・抜け毛でお悩みの方を喜びに導く育毛サプリメント。

プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
AGAの場合はプロペシアと育毛剤や育毛サプリメントを併用しましょう。