薄毛改善率80%!生え際の薄毛を治すことができた頭皮ケアを教えます【写真有り】

AGAを治療するにはフィナステリドを服用する

 

薄毛が進行している原因のほとんどは AGA と 頭皮の悪化 が原因であるとお話してきました。

 

実際にほとんどの方が遺伝によるAGAの進行と、毎日の生活習慣の悪化から頭皮がどんどん弱って薄毛になっているのです。

 

 

 

その中でもAGAを治すには生活習慣を改善したくらいでは薄毛を治すことは難しいのが現状。

 

今現在AGAを改善するにはフィナステリドを服用することが薄毛を治す最短の道と言われています。

 

ただ頭皮の状態も同時に治さないといけないので育毛剤や育毛シャンプー、育毛サプリは必須です。

 

フィナステリドの作用を簡単にお話しすると、

 

男性ホルモンであるテストステロンが5α-リダクターゼと言う酵素の作用によってジヒドロテストステロンという非常に強い脱毛作用のある物質に変換されることを抑制する働きがあります。

 

日本ではプロペシアと言う商品が認証されており病院やクリニックで処方されていますね。

 

副作用は主に性欲減退が挙げられています。

 

私も勿論フィナステリドは使用していますが、特に性欲が減退したと感じたことはありませんでした。

 

実際にフィナステリドを使用して思ったことをお話しすると、服用を始めて1ヶ月くらいしたあたりで抜け毛が酷くなりました。

 

これはみなさんも同じような経験をしているようで初期脱毛と言われるそうです。

 

その後(大体4ヶ月くらい以降)から抜け毛が減って髪の毛が増えていきましたね。

 

もちろん薄毛ケアで頭皮の環境が改善したこともありますが、目安としては6ヶ月もすれば髪の毛はかなり改善できると思います。

 

ちなみにAGAだけでは薄毛が元に戻らないことも多いです。

 

しっかりと私が実践した薄毛ケアをして頭皮の状態も改善することが肝心なのを理解しておきましょう。

 

ちなみに私は最初クリニックでプロペシアを処方してもらっていましたが、あまりにも高額だったのでプロペシアのジェネリックをネットでかなり安く購入しています。

 

ネットで購入できるプロペシア         ⇒ プロペシア(アメリカ版)1mg
私が購入しているプロペシアのジェネリック ⇒ フィナロイド1mg (FinaLloyd)

 

プロペシアは自由診療なので施設によって5000円〜30000円くらいして高いので、私のようにネットで購入するほうが安くすませます。

 

ジェネリック品ではありますが効果はプロペシアと効果はまったく同じです。

 

フィナステリドは5-α還元酵素への選択性があるため、他のホルモン系への影響による副作用が極めて少ないことも利点の一つです。

 

1日1錠の服用で1mgが上限とされています。

 

服用の時間帯は特に決まっていませんが、なるべく食後の服用で毎日同じ時間帯に服用するのが良いと思いますよ。

 


 

これが私が薄毛を治した薄毛ケア


無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き
医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ。あなたの髪が30日で!?発毛促進で「生える」を徹底的にサポート!

ノコギリヤシ・イソフラボンをはじめ、適材適所の働きでフサフサをサポートする毎日3粒の簡単ヘアケア。何をやっても効果が無かった方のために、こだわったのは髪に最良の成分バランス。
20種類以上の配合成分で体内から改善を図ります。年齢・性別問わず得られる満足感。安心・安全の健康補助食品。薄毛・抜け毛でお悩みの方を喜びに導く育毛サプリメント。

プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
AGAの場合はプロペシアと育毛剤や育毛サプリメントを併用しましょう。