薄毛改善率80%!生え際の薄毛を治すことができた頭皮ケアを教えます【写真有り】

植毛とは一体どんなものなのか

 

薄毛を治すにあたって植毛と言う言葉を知った人も多いと思います。

 

今回はその植毛についての知識やリスクについてお話していこうと思いますので参考にしてみてください。

 

植毛とは字のごとく毛を頭皮に植えつける施術になります。

 

髪の毛が薄くなった部分に、後頭部や側頭部の薄毛に影響されにくい髪の毛を移植することで薄くなった髪の毛を元の髪に戻そうとするのが植毛と言えます。

 

人間の髪の毛というのは生え際や頭頂部辺りは薄くなりやすいのですが、後頭部や側頭部は薄毛にはなりにくいという性質を持っているんです。

 

恐らくみなさんのまわりの薄毛の人を見てもらっても分かると思いますが、病気でもないかぎり後頭部や側頭部の髪の毛はまだ残っているはずですよ。

 

そんな薄毛に影響されない部分の髪の毛を薄くなった部分に移植するわけですから今後移植した部分は薄くなることは無いでしょう。

 

正直これはとても画期的な方法であり薄毛を一気に治すことができる夢のような改善方法と言えます。

 

 

しかし

 

植毛とはかなりのリスクがあるうえに、その費用は高額なのです。

 

先ほど植毛をするにあたって後頭部や側頭部の髪の毛を薄くなった部分に移植するとお話しました。

 

移植するのは髪の毛だけだと思っているのであればそれは大きな間違い。

 

実は髪の毛を作り出す毛母細胞ごと移植をする必要があるので、正確に言うと髪の毛をその周辺ごと移植するということになります。

 

つまり髪の毛をお肉ごと移植するということ。

 

薄毛に影響されにくい髪の毛を、生成する部分まるごと移植するわけですから、薄毛が進行しても抜けやすくならないというわけです。

 

じゃあ切り取った部分の頭皮からは髪の毛は生えないの?って思いますよね。

 

はい、もう二度と髪の毛が生えることは無いでしょう。

 

切り取った部分は縫合されるので閉じられてしまいます。

 

そしてその痕も残ってしまうので髪の毛で隠している人も多いですね。

 

また、植毛は生えている部分を使わないといけないのでその量は有限です、薄毛部分が多い人には植毛は向いていないと言えますね。

 

 

もし薄毛部分が多いのであれば人工毛を使った植毛をするのが良いでしょう。

 

比較的人体適合性の高い物質でできた人工毛を頭皮に植えつけることで見た目を改善する方法もあります。

 

使っている髪の毛は人工物なので伸びることはないです。

 

大体3ヶ月〜6ヶ月くらいで抜け落ちてしまうみたいなので、定期的に人工毛のメンテナンスを受ける必要があるみたいですよ。

 

面倒ですがフサフサの髪の毛でいたいなら仕方ないのかもしれません。

 

 

まとめ

 

植毛をするとその部分の髪の毛は薄毛の進行に左右されず生え続ける。

 

植毛した部分しか髪の毛は生えないため、薄毛部分が進行すると酷い見た目になる。

 

植毛は自毛植毛と人工毛植毛の2種類ある。

 

植毛をするならリスクも知っておかなくてはいけません

 

植毛についての基本的なことは上記でお話してきました。

 

次は植毛をするうえで知っておかなければならないリスクのお話をしていこうと思います。

 

植毛をしたら薄くなっている部分がフサフサになります、薄毛の影響も受けることはほとんどないでしょう。

 

少し生え際が後退してしまった、くらいの薄毛なのであれば後頭部の髪の毛を少し移植するくらいですみますから見た目をしては問題ないです。

 

 

ではそのまま薄毛が進行したらどうなるでしょうか?

 

生え際の植毛した部分は髪の毛がフサフサなのに、そこから後ろがどんどんハゲてくるという現象に陥ってしまうんです。

 

生え際だけを残してあとはハゲていくのですから、見た目はかなりおかしなことになってしまいますね。

 

これが最大のリスク。

 

植毛をするとその時は良いのですが、冷静に後のことを考えると少し躊躇してしまいますよね。

 

植毛をしようと思うのであれば薄毛の進行を止めてからおこなうのがベスト。

 

そのためにもまずは薄毛ケアをして薄毛の進行を止めたり、頭皮の状態を改善させることが必要だということを知っておきましょう。

 

植毛をするのならまずはそこからしないといけません。

 

でもきちんと薄毛ケアすれば進行を止めるどころか薄毛自体改善できてしまうので私は植毛は必要ないと思っています。

 

どれだけ薄毛ケアをしても改善しなかった場合の手段として植毛は残しておくのが良いと思いますよ。

 

ちなみに植毛をしても薄毛は改善されないこともありますし、さらに酷くなることもあるようです。

 

ネットで調べてみると高額な費用を出したにも関わらず薄毛が治らず激怒している投稿なんかがありました。

 

 

まとめ

 

植毛は薄毛ケアをしても改善できなかった時の最後の手段にしましょう。

 

費用が高額なので十分効果とリスクを知っておきましょう。

 

これが私が薄毛を治した薄毛ケア


無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き
医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ。あなたの髪が30日で!?発毛促進で「生える」を徹底的にサポート!

ノコギリヤシ・イソフラボンをはじめ、適材適所の働きでフサフサをサポートする毎日3粒の簡単ヘアケア。何をやっても効果が無かった方のために、こだわったのは髪に最良の成分バランス。
20種類以上の配合成分で体内から改善を図ります。年齢・性別問わず得られる満足感。安心・安全の健康補助食品。薄毛・抜け毛でお悩みの方を喜びに導く育毛サプリメント。

プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
AGAの場合はプロペシアと育毛剤や育毛サプリメントを併用しましょう。