薄毛改善率80%!生え際の薄毛を治すことができた頭皮ケアを教えます【写真有り】

毛を生やす努力ではなく抜け毛を減らす努力が薄毛を治すコツ

 

みなさんは髪の毛が薄くなってきたら髪の毛を生やす努力をしてしまいがちですよね。

 

確かに気持ちは痛いほどよくわかります。

 

 

しかし、

 

髪の毛が薄くなっている状況を考えると、あなたの頭皮はかなりの確率で状態が悪いです。

 

頭皮が弱っているからこそ髪の毛は自分を維持するための力を失い抜け落ちるのです。

 

そんな状況下にある頭皮に発毛を促して意味はないと言えます。

 

発毛を促して髪の毛が生えても頭皮が弱っていてはすぐに抜け落ちるだけで、髪の毛が薄くなる状況を改善することは不可能です。

 

薄毛を治すためにはまず弱った頭皮をいかにして健康状態に戻すかが鍵となるんです。

 

これは私が検証して実感したことですから間違いはないでしょう。

 

ではどのようにしたら頭皮は正常の状態に戻せるのかを載せていきますが、まずはあなたの現在の頭皮の状態を知ることからはじめます。

 

その1 1日にどれだけ髪の毛が抜けるのか?
その2 抜けた髪の毛にどれだけ危険な抜け毛が含まれているのか?
その3 頭皮から脂がどれだけ出ているのか?
その4 どの部分がとくに禿げているのか?
その5 フケはどれくらい出ているのか?

 

まずはこれらを薄毛ケアをする前にチェックしておきましょう。

 

なぜこれらを最初にチェックするのかと言うと、薄毛ケアの効果がちゃんと出ているかを確認するためです。

 

薄毛ケアに使用するアイテムというのは人によって効き目が違うので、定期的(1ヶ月に1回くらい)にチェックしておくことで頭皮の状況を確認するためです。

 

できれば育毛サロンの無料体験で頭皮の状態をカメラで確認し、専門家にどういう状態にあるのかを聞いておくと良いでしょう。

 

育毛サロンについては「育毛サロンや育毛クリニックではどのようなケアをしてくれるのか」にて詳しく載せていますので参考にしてください。

 

 

まず頭皮を健康にするためにすることは生活習慣を改善することから始めます。

 

私が今までに得た知識や経験から判断して気をつけることは食生活・睡眠・ストレス、この3つに気をつけるだけで大丈夫だと思います。

 

私は食生活において栄養のバランスを改善するのは不可能に近かったので、育毛サプリメントを摂取し栄養面の改善と抜け毛改善を図りました。

 

睡眠は毎日できるだけ0時を過ぎないうちに眠るようにしましたし、毎日決まった睡眠時間を保つ努力をしました。

 

ストレスに関してはどうしようもないとは思いますが、私は悩みを解決するためにいくつか努力をしてみました。

 

ストレスを強く感じる人は安定剤を飲むとイライラを抑えられるし眠ることができるので病院にいくと良いでしょう。

 

 

これだけで生活習慣における薄毛の原因は排除できます。

 

喫煙や飲酒などはそれほど薄毛の原因にはなりません、私は薄毛を治している間も続けていましたが治りましたので大丈夫です。

 

ひとまずこれら3つの生活習慣を改善しておけばベースは出来上がりです。

 

後は 育毛剤・育毛シャンプー・育毛サプリメント を使用して頭皮を健康な状態にもっていくだけです。

 

さらに頭皮マッサージ・正しいシャンプーの仕方で薄毛ケアの効果を上げる事も忘れずにおきましょう。

 

AGAを併発している人はこれらの薄毛ケアと一緒にフィナステリドを服用しておけば頭皮は徐々に回復に向かうでしょう。

 

 

まとめ

 

薄毛を治すのであれば発毛ではなく抜け毛を減らす努力をする。

 

生活改善と薄毛ケアが頭皮改善の鍵。

 

これが私が薄毛を治した薄毛ケア


無添加無香料・厚生労働省認可の育毛剤【チャップアップ(CHAPUP)】
厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」
・業界最大級50種類の育毛成分配合
・100%無添加・無香料
・全額返金保証!保証書付き
医薬部外品の育毛剤ローション・育毛サプリ。あなたの髪が30日で!?発毛促進で「生える」を徹底的にサポート!

ノコギリヤシ・イソフラボンをはじめ、適材適所の働きでフサフサをサポートする毎日3粒の簡単ヘアケア。何をやっても効果が無かった方のために、こだわったのは髪に最良の成分バランス。
20種類以上の配合成分で体内から改善を図ります。年齢・性別問わず得られる満足感。安心・安全の健康補助食品。薄毛・抜け毛でお悩みの方を喜びに導く育毛サプリメント。

プロペシアに配合されているフィナステリドは、毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害して、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。
AGAの場合はプロペシアと育毛剤や育毛サプリメントを併用しましょう。